fusion3603次元CAD利用技術者試験の問題の モデリング

Fuison360使い方| H22年1級試験前期の問題モデリング 3次元CAD利用技術者試験対策編 

今回は Fusion 360を使って3次元CAD利用技術者試験の問題の モデリング方法を説明していきたいと思います。

3次元CAD利用技術者試験の対策学習として参考にしていただければ幸いです。

 

stlファイルは下記からダウンロード出来ますので、自由に使ってください。

 
MODEL FILE NAME h22_1_zen
ダウンロード[stl]形式

 

↓ 【▶】をクリックするとモデリングデータを確認できます。

 

3次元CAD利用者試験のモデリング問題で気をつけなければならないことは座標設定です。

この座標設定がずれてしまうとモデリングが完成しても設問にすべて答えることができません。

なのでモデリングをする前にしっかりと座標設定を行なってください。

 

まず平面にスケッチを行います。

fusion360平面スケッチ

 

【押し出し】コマンドを使って先ほど作ったスケッチ図をソリッドモデル化します。

fusion360スケッチ図をソリッドモデル化

 

土台となるモデルには上に行くにつれて勾配がついていますので2回に分けて【押し出し】コマンドの勾配設定して押し出してください。

fusion360 勾配設定して押し出し

 

表面の大きな R は円弧をスケッチしてカットします。

fusion360円弧スケッチしてカット

くぼみの部分は【押し出し】コマンドを使って上面と側面それぞれカットします。

fusion360押し出しカット

fusion360押し出しカット

次にこの部分をスケッチして押し出します。

fusion360スケッチ

この部分も勾配があるので2回に分けて押し出します。

fusion360勾配押し出し

 

カット用のスケッチを作り余分な部分をカットします。

fusion360o押し出しカット

fusion360o押し出しカット

 

次はこの部分を作ります。

fusion360勾配押し出し

 

先ほど作ったモデルと結合させます。

fusion360ブーリアン結合

円座中央に穴を開けます。

fusion360押し出し削除穴

 

座繰り用のスケッチをします。ザグリ面より離れた位置にスケッチ面を作成しそこにザグ利用のスケッチをします。

fusion360スケッチオフセット面

 

【押し出し】コマンドを使ってザグリをします。

fusion360押し出しカット

 

リブを作成するためのスケッチを作ります。

fusion360スケッチ

 

【押し出し】コマンドを使って側面まで押し出します。

fusion360押し出し

 

溝を作ります。

この溝の作り方は、【スイープ】コマンドを使って作ります。

まずスープ用のガイドとなる LINE を作ります。

fusion360スケッチ スイープ

 

次に溝の形状に沿ったスケッチを作ります。

fusion360スケッチ スイープ

 

【スイープ】コマンドを使って溝を作ります。

fusion360スケッチ スイープカット

 

完成!

3次元CAD利用技術者試験の問題の モデリング

3次元CAD利用技術者試験の問題の モデリング

 

 

関連記事

  1. 3次元CAD利用技術者試験問題サンプル4

    モデリングシリーズ| 3次元CAD 利用技術者試験サンプル問題モデル

  2. Creo Elements Direct modeling Express 6.0のダウンロードとインストール方法

  3. 無償3DCAD/fusion360モデリング解説ギター

    モデリングシリーズ|ギター【使用CAD:Fusion360】

プロフィール

■CAD大学.jp 校長■

・元CADスクール運営者
・元職業訓練校CAD講師
・現WEB会社経営者

CADの魅力を伝え、ひとりでも多くのCADオペレーターを育成したいと思っています。
CADを転職・就職の武器にしてもらうためにサイト運営に力を注いでいきたいと思います。

都道府県から教室を検索