catia使い方

CATIA使い方 Lesson-6-

マウスの機能

マウス機能

マウスの3つボタンには各々機能が割り当てられています。

catia使い方

マウスボタン 機能
<左ボタン> 選択と編集。

主に、メニューの選択とオブジェクトの選択に使用します。

<中ボタン> オブジェクトの編集。

主に、オブジェクトの移動に使用します。

<右ボタン> コンテキストメニューに関連するメニューを表示します。

 

マウスの移動

マウスを使用する際に、決められた動作表現があります。

表現 マウスの動作
ポイント 特定の位置にマウスのポインタを置くこと。

ポインタとは、画面に表示されているグラフィックイメージをいい、ポインティングデバイス(またはカーソル)の位置を示します。

クリック オブジェクト上にポインタを置き、マウスのボタンを押してすぐに離す動作のこと。
ドラッグ オブジェクト上にポインタを置き、マウスのボタンを押したままオブジェクトをひきずるようにマウスを移動させる動作のこと。

 

 

標準操作(処理/オブジェクトのアプローチ)

 

全表示

表示ツールバーを使用する方法

表示ツールバーから[全表示]メニュー↓を選択する

catia使い方

catia使い方

メインメニューバーを使用する方法

メインメニューバーから以下の手順でメニューを選択する

[表示]→[全表示]を選択

 

 

移動

カメラの視点を移動することによって、オブジェクトを移動させます。

表示ツールバーを使用する方法

1.[パニング]メニューを選択

catia使い方

 

2.視点の位置にマウスのポインタを置く

catia使い方

 

3.マウスの<左ボタン>をドラッグ

ドラッグ中、マウスポインタの形は

catia使い方

になります。

catia使い方

 

マウスを使用する方法

1.視点の位置にマウスのポインタを置く

catia使い方

 

2.マウスの<中ボタン>をドラッグ

ドラッグ中、マウスポインタの形は

catia使い方

になります。

catia使い方

 

特定の位置を中心に表示する方法中心に表示したい位置でマウスの<中ボタン>をクリック

 

回転

オブジェクトを回転させます。

表示ツールバーを使用する方法

1.[回転]メニューを選択

catia使い方

catia使い方

 

2.基準位置にマウスのポインタを置き、マウスの<左ボタン>をドラッグ

オブジェクトの回りに回転球シンボルが表示されます。

catia使い方

 

マウスを使用する方法

1.基本位置にマウスのポイントを置く

catia使い方

 

2.マウスの<中ボタン>と<左ボタン>(または<右ボタン>)を同時に押してドラッグ

catia使い方

 

拡大

オブジェクトを拡大表示させます。

表示ツールバーを使用する方法

表示ツールバーから[拡大]メニューを選択する

catia使い方

catia使い方

 

マウスを使用する方法

1.基準位置にマウスのポインタを置く

catia使い方

2.マウスの<中ボタン>を押しながら<左ボタン>(または<右ボタン>)をクリックし、上方向にドラッグ(中央のボタンは押したまま)

この時、ポインタの形は↓になります。

catia使い方

縮小

オブジェクトを縮小表示させます。

表示ツールバーを使用する方法

表示ツールバーから[縮小]メニューを選択する

catia使い方

catia使い方

 

マウスを使用する方法

1.基準位置にマウスのポインタを置く

2.マウスの<中ボタン>を押しながら<左ボタン>(または<右ボタン>)をクリックし、下方向にドラッグ(中央のボタンは押したまま)

catia使い方

この時、ポインタの形は↓になります。

catia使い方

 

CATIA使い方 Lesson-7-

関連記事

  1. catia使い方

    CATIA使い方 Lesson-1-

  2. catia使い方

    CATIA使い方 Lesson-5-

  3. catia使い方

    CATIA使い方 Lesson-10-

プロフィール

■CAD大学.jp 校長■

・元CADスクール運営者
・元職業訓練校CAD講師
・現WEB会社経営者

CADの魅力を伝え、ひとりでも多くのCADオペレーターを育成したいと思っています。
CADを転職・就職の武器にしてもらうためにサイト運営に力を注いでいきたいと思います。

都道府県から教室を検索