無償3DCAD/fusion360モデリング解説ソファ

モデリング解説|ソファ【使用CAD:Fusion360】

今回 は、Fusion 360を使ってソファーをモデリングしてみました。

fusion360 使い方 ソファ

 

stlファイルは下記からダウンロード出来ますので、自由に使ってください。

 
MODEL FILE NAME ソファ
ダウンロード[stl]形式

 

↓ 【▶】をクリックするとモデリングデータを確認できます。

 

関連記事

 

ソファーのようなモデルは水平垂直になるような面がありません。

なので曲面を貼り合わせてモデリングをしていく必要があります。

ソファーのような曲面だらけのモデリングをする際には Fusion 360の スカルプトというモードで作成していくと良いと思います。

fusion360 使い方

 

できれば下記のような3面図があると作りやすいです。

この3面図を3分割して保存 Fusion 360の 「下絵を挿入」コマンドで 貼り付けます。

fusion360 使い方
fusion360 使い方

fusion360 使い方

fusion360 使い方

 

この貼り付けた3面図を利用して 、「面」コマンドで面を作っていきます。

fusion360 使い方

 

辺や交点などを移動させスケッチの曲面に合わせて行きます

fusion360 使い方

 

作った面を X 軸方向へずらし、 それを「ミラー複製」コマンドで複製します。

fusion360 使い方

fusion360 使い方

 

修正コマンドを使って面をソファーの形状に整えていきます。

fusion360 使い方

 

「ブリッジコマンド」を使って両側面の面を結合します。

fusion360 使い方

fusion360 使い方

 

「厚さコマンド」で内側に約70 mm の厚みをつけます。

この時暑さのタイプは「ソフト」を選びます。

fusion360 使い方

 

修正コマンドで交点や面などを移動しながら形状を整えていきます。

fusion360 使い方

 

次に座面の台座になる部分を作ります。

「直方体」コマンドを使って大豆の土台になる部分を形作っていきます。

先ほどと同じようにモデルを一旦半分削除して 「ミラー複製」コマンドを使って複製します。

fusion360 使い方

fusion360 使い方

 

形状を整え隙間がないようにします。

fusion360 使い方

次に座面を作ります。

fusion360 使い方

 

次は足を作ります。

fusion360 使い方

fusion360 使い方

 

これでソファのモデリングが完成しました。

後は材質や色を設定して出来上がりです。

fusion360 使い方

 

fusion360 使い方

 

 

 

以上、高機能3次元CAD fusion360を使ったモデリングの解説でした。

 

 

関連記事

  1. Fusion360無償ライセンス更新方法

    Fusion 360の無料使用期限が切れたときの無料使用ライセンス更新方法

  2. freecad使い方

    FreeCAD ダウンロードとインストール方法

  3. 3次元CAD利用技術者試験問題サンプル4

    モデリングシリーズ| 3次元CAD 利用技術者試験サンプル問題モデル

プロフィール

■CAD大学.jp 校長■

・元CADスクール運営者
・元職業訓練校CAD講師
・現WEB会社経営者

CADの魅力を伝え、ひとりでも多くのCADオペレーターを育成したいと思っています。
CADを転職・就職の武器にしてもらうためにサイト運営に力を注いでいきたいと思います。

都道府県から教室を検索