CAD資格について

2次元CAD?それとも3次元CAD? 目指すのはどっちいいの?

今日の授業は就職する上で役に立つ CAD の資格についてお話しします。

今日本で受けられる CAD の資格試験は大体下記のような資格になると思います。

CADの資格試験
  • CAD利用技術者試験
  • 3次元CAD利用技術者試験
  • 建築CAD検定試験を選択
  • 3次元CADトレーサー認定試験
  • 3次元CADアドミニストレーター認定試験
  • CADアドミニストレーター認定試験

 

これらの CAD の資格を取りを目指したらいいのか?

これから試験を受ける人によく聞かれる質問です。

 

まず、 CAD は大きく二つに分かれます。

 

一つは、2次元 (2D)CAD で、もう一つは、3次元 (3D)CAD です。

この2次元 CAD と3次元 CAD では操作方法が全く異なります。

なので、どちらを専攻するかまたは両方扱うのかによって選択すべき試験は変わってくるでしょう。

 

簡単に2次元 CAD と3次元 CAD の違いについて説明します。

 

2次元 CAD は主に図面を書くために使うための CADです

2次元 CAD は主に図面などを書くために使う CAD です。

ここでは3次元 CAD 特別をするために2次元 CAD と言っていますが、一般的には CAD と言ったら2次元 CAD をさすことが多いです。

 

2次元 CAD は主にが図面を書くために使います。

いわゆる平面図というものです。

 

図面pic1
※AutoCAD

上記のような図面を書くために使います。

 

2次元 CAD が使われるようになる前に、図面を書くときにはドラフターというものを使って図面を書いていました。

 

ドラフター
※ドラフター画像(wiki引用)

 

このドラフターというものもなかなかよくできたものです。

昔の技術者はこのドラフターを器用に扱い、細い鉛筆またはシャーペンなどを使い分け器用に図面を書いていたものです。

 

このドラフターは、 書く人の癖が出てしまうことがあります。

線が太くなったり細くなったりして、読み手が迷うこともあります。

 

また、図面の修正があった場合などは消しゴムなどで線を消すことになるため、図面が汚れてしまったり紙がしわになったりすることもあります。

しかしコンピューターを使った二次元 CAD では、線の太さなどは一定の太さを保つことができ、図面の読みては太さを見間違えることはありません。

また図面の修正などに関しても容易に行うことができるのです。

 

さらに、製造業などでは製品ひとつひとつに対して図面が存在します。

 

その図面の量は膨大な糧となり、管理するのが非常に大変なのです。

でも、2次元 CAD で作った図面データはパソコンで管理することが可能です。

履歴や部品面などで検索することもできます。

 

また、過去の図面を多少弄ることで新しい図面が完成してしまうのも二次元 CAD ならではのメリットです。

 

しかし、2次元 CAD が出始めた当初は、非常に高額な値段でした。

パソコンも含めた一台あたりの値段は安くても200万円以上はしました。

 

当時、2次元 CAD は中小企業でもなかなか手が出ない高価なものでした。

 

今のように2次元 CAD が一般的になったのは、パソコンが高性能かつ非常に安くなったからです。

それにより2次元 CAD がどんどん普及して、ソフトウェアの値段もどんどん安くなって行きました。

今では、2次元 CAD とはお金を出さずとも無償提供されているものも多くあります。

 

>>無料で使えるCAD<<

たかだか20数年前までは、1台200万円以上もした CAD が、今ではただ同然で使うことができるのです。

 

今から20年後はどうなっているのでしょうか?

 

3次元 CAD は仮想3次元空間上に立体な形状を作るための CAD です

3次元 CAD とはコンピューター上の仮想空間に立体を形成するための CAD です。

catiav5pic1
※CATIA

 

3次元 CAD で立体を作ることであらゆる角度からその立体を眺めることが可能になります。

2次元 CAD で作った図面を瞬時に頭の中で3次元にイメージすることはある程度経験を積んだ技術者でも難しいものです。

 

図面を一度も見たことがない人ではイメージすらできないと思います。

 

しかし仮想3次元空間に作られた立体は誰が見てもその立体の形が一瞬で把握できるのです。

 

現在、日本の大手製造会社では3次元 CAD は一般的になりました。

 

3次元 CAD は2次元 CAD よりももっと様々なメリットがあります。

3次元CADのメリット
  • 部品のイメージを瞬時に把握することができる。
  • 部品と部品を組み合わせた時の干渉を目視で確認することができる。
  • 3 D 形状から2次元の図面に変換することができる。
  • 応力ひずみの分析ができる。
  •  データを三次元プリンター機に読み込ませることができる。

などなど、もっと多くのメリットがあります。

 

この3次元 CAD が一般的になったおかげで製品サイクルが飛躍的に伸びました。

 

ここ十数年ほどで中国の製造メーカーがものすごい勢いで成長してしたのも、最初からエンジニアが3 D CAD を使いこなしていたからだと言われています。

それほどまでに製造業の革命を起こしたのが3次元 CAD なのです。

 

2次元 CAD と同様、 3次元 CAD も当初はものすごく高価なツールでした。

一般的な企業ではなかなか導入することは難しいものでしたが、現在では非常に安価なものがたくさん世に出てきました。

2次元 CAD 同様に、 無償で使える3次元 CAD などもあります。

 

>>無料で使える3次元CAD<<

 

数年前までは、無償で3次元 CAD が使えるなんて考えられない時代でしたが、、、

 

まとめ

 

CAD の資格も、2次元 CAD と3次元 CAD の資格に分かれます。

自宅で図面作成を請け負うなどの在宅ワーカーを目指すなら2次元 CAD で良いと思います。

しかし、製造業なのに就職してエンジニアを目指したい方は、3次元 CAD の資格取得を目指すのが良いと言えるでしょう。

 

関連記事

  1. CAD学ぶ

    CADオペレーターを目指すには何を学べばいい?

  2. CADスクール選び方

    CADスクール選び方を教えます-その3-

  3. CADスクール選び方

    CADスクール選び方を教えます-その1-

プロフィール

■CAD大学.jp 校長■

・元CADスクール運営者
・元職業訓練校CAD講師
・現WEB会社経営者

CADの魅力を伝え、ひとりでも多くのCADオペレーターを育成したいと思っています。
CADを転職・就職の武器にしてもらうためにサイト運営に力を注いでいきたいと思います。

都道府県から教室を検索