2次元CAD利用技術者試験

2次元CAD 利用技術者試験って 役に立つの?

日本にはいくつか CAD に関する資格があります。

その中でも、特にメジャーな資格で CAD利用技術者試験というものがあります。

CAD利用技術者試験は、一般社団法人コンピュータ教育振興協会 が主催している CAD の資格試験です。

 

>>公式サイト<<

 

試験の概要については、以下のようになっています。

試験名 試験方法 実施日程
二次元CAD利用技術者試験基礎 IBT試験(筆記問題) 随時
2次元CAD利用技術者試験2級 CBT試験(筆記問題) 随時
2次元CAD 利用技術者試験1級(機械) 筆記+実技(DXFファイル提出) 年に2回(6月、12月)
2次元CAD 利用技術者試験1級(建築) 筆記+実技(DXFファイル提出) 年に2回(6月、12月)
2次元CAD 利用技術者試験1級(トレース) 筆記+実技(DXFファイル提出) 年に2回(6月、12月)

 

実際どの資格が仕事で役に立つのでしょうか?

 

1と2は、筆記試験問題です。 CAD というものの歴史から、 CAD の基礎的な知識やCAD に携わる職業についてなど一般の初心者が対象です。

 

正直いますと、この資格を持っていても仕事現場では何も役に立たないと思います。

この資格は随時試験を受けることができますので、挑戦しても良いと思いますが、 持っていなくても問題はありません。

 

資格として役に立つのは、3と4と5の資格です。

この三つの資格は、実技試験が盛り込まれています。この実技試験は CAD を使って効率よく図面を書くために必要なスキルが身につくと思います。

 

3と4は、仕事を想定する分野が異なります。

3の2次元CAD利用技術者試験1級(機械)は、ものづくりなど製造業の仕事を想定した試験内容です。
この試験は、製造業界の設計製図業務に携わり1年以上の経験がある人を想定。 CAD を操作するだけではなく機械設計の補助業務や将来的にはエンジニアまたはオペレーターの業務を目指す人にはおすすめできる資格です。

 

4の2次元CAD利用技術者試験1級(建築)は、建築業界の仕事を想定した試験内容となっています。
この試験は、建築業界の設計製図業務に携わり1人以上の経験がある人を想定。 CAD を操作するだけでなく建築の設計の補助や将来的には建築士またはオペレーターの業務を目指す人にはお勧めできる資格です。

 

5の2次元CAD利用技術者1級(トレース)は、特に業界を絞らず CAD の操作に的を絞った試験内容です。
この試験は、二次元図面のトレース業務に携わり半年以上の経験がある人を想定。 幅広い分野での CAD製図業務に 携わりたいと考えている人、または派遣社員や在宅で業務をしたいと考えている人におすすめの資格です。

 

試験名 おすすめしたい人 おすすめCAD
2次元CAD 利用技術者試験1級(機械) 製造業で働き将来的にはエンジニアや cadオペレーターを目指したい人。 AutoCAD LT

DRAFTSIGHT

2次元CAD 利用技術者試験1級(建築) 建築業で働き将来的には建築設計士や cadオペレーターを目指したい人。 AutoCAD LT

Jw_cad

2次元CAD 利用技術者試験1級(トレース) 幅広い分野で働きたいと考えている人。派遣社員・在宅社員を考えてる人。 AutoCAD LT

DRAFTSIGHT

 

2次元CAD利用技術者試験の良いところ

一般社団法人コンピューター教育振興協会が主催しているこの2次元CAD利用技術者試験は、歴史も長く広く認知されていることからこの資格を持っていることである程度 CAD の操作スキルを持っていることが証明されます。

 

実技内容も、そこそこ CAD の操作を慣れていないと時間内に終えることができません。

難易度は比較的高めです。この資格が取れるほどのスキルになれば CAD を効率よく操作するだけのスキルが身につくと思います。

 

後は、機械又は建築の製図基礎知識が身についていれば就職に有利になると思います。

 

2次元CAD利用技術者試験の悪い所

 

年に2回しか試験が実施されてない。

1級の受験料が15,000円と高め。

 

Web 系の資格などはネット回線を使って随時試験を受けられるものが多く存在しますが、 CAD 操作に関する資格などは、 2次元cad利用技術者試験に限らずほとんどの資格が年に一回または数回しか開催されません。

運営的に難しいかもしれませんが、こういった資格が随時試験を受けるようになると良いと思います。

 

まとめ

2次元 CAD利用技術者試験1級の 受験対象者はそれぞれの分野の専門知識及び技術を習得している方が対象とされてますが、全くの初心者の人でも頑張れば取得できる資格です。

この1級の資格を持っていれば、  CADオペレーターの求人募集に応募することも可能だと思います。業界での業務経験がなくても CAD を操作することに関しては問題ないスキルが身につくはずです。

なので、業界経験がないからと言ってあきらめないで欲しいです。

 

それでも不安だという方は、 CAD スクールなどで実務経験がある講師にアドバイスをもらうのが良いかと思います。

 

>>2次元 CAD利用技術者試験1級を取るためにおすすめの CAD スクール<<

 

関連記事

  1. 2次元CAD利用技術者試験

    2次元 CAD 利用技術者試験とはどんな資格?

  2. CAD建築業界

    これから建設・建築業界を目指すなら

  3. CAD資格は武器

    CAD の資格が就職転職の武器になる理由とは?

プロフィール

■CAD大学.jp 校長■

・元CADスクール運営者
・元職業訓練校CAD講師
・現WEB会社経営者

CADの魅力を伝え、ひとりでも多くのCADオペレーターを育成したいと思っています。
CADを転職・就職の武器にしてもらうためにサイト運営に力を注いでいきたいと思います。

都道府県から教室を検索