無償3DCAD/fusion360モデリング解説ギター

モデリングシリーズ|ギター【使用CAD:Fusion360】

今回のモデリングはエレキギターです。

モデリング・ギター/Fusion360

 

この3 D ファイルも Fusion 360を使って作成しました。

 

STLファイルは下記からダウンロード出来ますので、自由に使ってください。

 
MODEL FILE NAME guitar
ダウンロード [stl]

 

 

↓ 【▶】をクリックするとモデリングデータを確認できます。

Fusion 360は感覚的な操作で使えるのでモデリングが楽しいです!

まだ使ってない方も是非使ってみてください。

 

関連記事

 

エレキギターなどのモデルは非常にパーツが多いのでその辺が苦労します。

モデリング・ギター/Fusion360

ボディは曲線が多く用いられていて、曲面を本物っぽく見せるのに苦労します。

 

Fusion 360では、曲面を仕上げるコマンド(フィレット)が優秀なため、大体いい感じに仕上げてくれます。

モデリング・ギター/Fusion360

 

フィレットをうまく使えない箇所は、曲面(サーフェス)を作り、 カットしていきます。

モデリング・ギター/Fusion360

部品点数がたくさんあるので面倒くさいですが、ボディの局面とネック裏の R 面がうまくできればそれほど難しい作業はありません。

 

このギターのモデリングでは特に特殊なテクニックなどは使っていません。

 

Fusion 360の標準的なコマンドとモデリング知識さえあれば初心者の方でも作れると思いますよ。

 

また、モデルをレンダリングする時に綺麗に見せるためのコツとしては。

実際のギターも様々な素材でできているのでモデリングをする際にも材質ごとにボディパートを分けて製作していきました。

 

パーツをしっかり分けて製作することで各パーツに 素材を割り当てることができます。

しっかりと実際のギターにあった素材を割り当てることにより、レンダリング時に見事にそれを再現してくれます。

モデリング・ギター/Fusion360

Fusion 360ではレンダリングの時に、背景や光源などを色々調整することが出来ます。

 

自分の好みの構図にして楽しんで見てはいかがでしょうか。

モデリング・ギター/Fusion360

モデリング・ギター/Fusion360

モデリング・ギター/Fusion360

関連記事

  1. Creo Elements Direct modeling Express 6.0のダウンロードとインストール方法

  2. fusion360

    Fusion 360 ダウンロードとインストール方法

  3. 無償3DCAD/fusion360モデリング解説ソファ

    モデリング解説|ソファ【使用CAD:Fusion360】

プロフィール

■CAD大学.jp 校長■

・元CADスクール運営者
・元職業訓練校CAD講師
・現WEB会社経営者

CADの魅力を伝え、ひとりでも多くのCADオペレーターを育成したいと思っています。
CADを転職・就職の武器にしてもらうためにサイト運営に力を注いでいきたいと思います。

都道府県から教室を検索