CAD建築業界

これから建設・建築業界を目指すなら

これからCADを学んで地方中小企業の建設・建築業界を目指すなら何を学んで行けばいいのかを、具体的な例を用いて話したいと思います。

私の仕事上、地方の中小企業の建築・建設・土木系の会社の経営者とよく話すことがあります。
慢性的な人手不足は相変わらずですが、欲しい人材がなかなか来てくれないと嘆いている社長様は多いです。

まだまだ地方の中小企業の建設・建築・土木系の会社では、 CAD スキルを持った人が不足しています。
まだまだ目指す価値はあります。

しかし、 CAD だけのスキルでは厳しいのです。
なぜかと言うと、 CAD だけの仕事は中小企業ではそれほど多くないからです。
CAD 以外の業務もこなす必要があるのです。

なので求められている人材は、パソコンスキル・ CAD スキルも含めた総合的なスキルを持った人なのです。

では具体的にどのような仕事があるのでしょうか?

下記で詳しく説明していきますので、これから何を学んだらいいのかと悩んでる方は参考にしてみてください。

 

取りたいCAD資格

上の二つの資格は、 CAD を使って建築図面を書くためのスキルを証明するための資格です。
この資格を持っていたからといって、建築業界で cadオペレーターとして働いているわけではありません。
では取得しても無駄なのでは?と思う方も多いかもしれませんが、実はそうでもないのです。
その方は下記のページで説明していますので一読してみてください。
これらの資格はまだまだ中小企業の就職活動では武器になるのです。

先ほども書きましたが、今地方の中小企業建築系の会社で求められてる人のスキルは総合的なスキルを持った人です。

中小企業では、マルチな仕事を求められます。
それを証明するためにも、 CAD 資格は一つの武器になるのです。

そのために私は、 CAD利用技術者試験1級(建築)と建築 CAD 検定試験2級の取得をおすすめします。

どちらの資格も、真剣に取り組めばそれほど難しいものではありません。
独学でも十分いけるとは思いますが、不安だという方は近くの CAD スクールなどに通って勉強するのも良いと思います。

>>CADスクール検索<<

 

建設・建築業界 で仕事をする上で身につけたいスキルリスト

  • CAD(Jw CAD / AutoCAD)
  • パソコン(エクセル・ワード・インターネットの基礎知識)
  • Adobe イラストレーター/ フォトショップ

 

上記のスキルを身につけていれば、地方中小企業の建設・建築業界を目指すための強い武器になると思います。

これは実際に、私が建設関係の中小企業と仕事をする上で感じたことです。

ただ、どれもスペシャリストレベルのスキルでなくても構いません。

基礎的なことが理解できていて、分からないことをすぐにネットで調べられる程度のスキルで十分だと思います。

上記のようなスキルを持っていれば建設・建築関係の中小企業への就職が非常に有利になると思います。

 

具体的にどのような業務をするのでしょうか?

 

CAD 業務

上記でも書きましたが、スペシャリストほどの CAD スキルは必要ありません。

もちろんあって越したことはありませんが、一般的なレベルで十分です。

建築・建設・土木関連の企業であれば、 Jw cad と Auto CAD 覚えておくと良いでしょう。

これ以外の CAD もありますが、この2つの基本操作をマスターしていれば、その他の大抵の CAD はすぐに操作できると思います。

それとよくあるのが、得意先から来た図面を Jw cad または Auto CAD 用に変換する作業です。

それほど難しいものでありませんので心配しなくてもいいです。

私の知ってる限り、全くゼロから図面を描きあげる作業はそれほど多くありません。

大抵は、既存の図面を引っ張り出しそれを修正して仕上げるのがほとんどです。

なので修正コマンドをより多く覚えると良いと思います。

Jw cad と AutoCAD をある程度マスターしたら、次に3次元 CAD を勉強しても良いと思います。

 

建築業界で使われている主な3次元 CAD

CADソフト 学習方法 CADソフト値段 学びやすさ
Fusion 360 独学でもOK 無料版あり ★★★
SketchUp 独学でもOK 無料版あり ★★★
Vectorworks スクールで学習 30万円以上
Revit スクールで学習 37万円以上
ArchiCAD スクールで学習 30万円以上

CAD ソフトはどれも高額であり個人で購入して勉強するにはハードルが高すぎると思います。

ですが最近では、無償の3次元 CAD もあります。3次元 CAD の操作概念は、どの CAD でもそれほど変わりません。

なのでまずは、無償の3次元 CAD を使ってしっかり勉強してみてください。そうすれば他の CAD もすぐに覚えることができるでしょう。

 

パソコン業務

パソコン業務では、主にエクセルスキルが必要となります。簡単な関数なのかあ使えれば更に良いと思います。

エクセルを使って在庫管理表や得意先及び関連業者リストなどを作っていくこともよくあります。

それと、従業員に関するデータをまとめたり、 給与の処理なのに必要なデータをまとめたりもします。

それと、インターネットに関する基礎知識も必要でしょう。

例えば現場の写真を撮影しそれをクラウド経由で保存したいする際にインターネットサービスを利用できるスキルなどがあるといいと思います。

具体的に言うと、 Dropbox や Google ドライブなどです。

このようなネットを使ったインフラ整備を考え構築できるスキルは中小企業には特に重宝されます。

 

Adobe イラストレーター/ フォトショップ 業務

Adobe 社製のイラストレーター&フォトショップのスキルがあると一つの武器になると思います。

私の経験上、特にエンドユーザーを持っている建築系企業や外壁塗装系企業ではこのスキルは重宝されます。

例えば、外壁塗装系企業では建築物を塗装する前に仕上がりイメージをフォトショップなどで加工してお客様に見せるという作業はとても多いです。

通常 フォトショップ などは、広告系や印刷系の企業で使われることが多いですが、建築系や塗装系の企業でも多く使われています。

CAD をマスターしたら次にぜひ見につけたいスキルです。

 

まとめ

いかがでしたか?
これから建築業界を目指したいと考えている人に少しでも役に立てれば幸いです。
全ての人は最初は初心者です。業界初心者だからといっておくすることはありません。
建築業界で仕事をしたいという強い意志で、建築 CAD 系の資格を取ったとなれば間違いなくプラスで評価されるでしょう。
実は、中小企業では真面目に建築業で働きたいという方が一番評価されるのです。
資格や経験も大事ですが、それにこだわっていたら良い人材を逃してしまうというのは、地方の中小企業の経営者がみんな分かっています。
真面目に仕事に取り組む人を会社の一員と迎え、自社で育てていきたいというのが本音なのです。
そのためにも、あなたが少しでも努力をした結果があれば十分です。

是非、 CAD 資格の取得に取り組んで見てください。

関連記事

  1. 建築CAD検定試験とは

  2. 2次元CAD利用技術者試験

    2次元CAD 利用技術者試験って 役に立つの?

  3. CADスクール選び方

    CADスクール選び方を教えます-その3-

プロフィール

■CAD大学.jp 校長■

・元CADスクール運営者
・元職業訓練校CAD講師
・現WEB会社経営者

CADの魅力を伝え、ひとりでも多くのCADオペレーターを育成したいと思っています。
CADを転職・就職の武器にしてもらうためにサイト運営に力を注いでいきたいと思います。

都道府県から教室を検索